夫婦同性の是非が問われた裁判の行方

最近法律関連のニュースで話題となったのが夫婦別性を最高裁判所が認めなかったことです。
民法750条は「夫婦は婚姻の際に定めるところに従い、夫又は妻の氏を称する」と定めています。
要はこの民法750条が憲法に違反しているのではないかと争われた結果、2015年12月16日に最高裁判所は「違憲ではない」と判断したのです。
最高裁判所の判決なので非常に重い判決で、夫婦別性を夢を見ていたご夫婦の夢は見事に砕け散ったのです。
しかしこの判決に関わった女性裁判官3人全員がこの判決に反対していたという点が非常に興味深いものなのです。
男性裁判官は婚姻前の氏を通称として職場などで使用することは社会的に広がっているから別に夫婦別性を法律で定める必要はないと考えたのに対し、女性裁判官はあくまでも使用出来る範囲は限定的で公的な文書には使用出来ない場合もあると反対したのです。
このことは「本来の男女平等とはなんぞや」と考えさせられるものであり、一朝一夕ではなかなか答えが見つからないものなのです。