ごみと法律についてのこと

いま地球規模で問題になっていることがごみの問題です。
不要になって捨てられたものが地球の環境を悪化させることが懸念されていることから多くの人にとってとても重要な関心事となっています。
燃えるごみを燃やすことで問題となるのが燃焼によって発生した二酸化炭素が環境に与える影響です。
二酸化炭素は地球上の気温を上げる働きがあることからその量を抑制することが求められています。
また粗大ごみなども別の環境問題引き起こす可能性を持っています。
これらのものを減らすために政府もさまざまな対応をしています。
中には法律を制定して環境の悪化を防ごうとしているものもあります。
その代表的なものがリサイクルに関する法律です。
この法律ではそれまで無料で捨てることができたテレビやクーラー、冷蔵庫などの電化製品が有料でなければ回収できなくなりました。
この消費者が負担をする分がリサイクルなどの費用に充てられることにより環境の悪化を防ぎます。